作業員

買取依頼をする

作業員

普段、建設関係の仕事でない限り建設機械に触れることはありませんが、建設関係の仕事であれば毎日使用します。また建設機械といっても様々な種類があり、よく知られているトラックやクレーン以外にも油圧ショベルやブルドーザーなどがあります。これらの建設機械は、使用している途中で仕事内容の変更や、新しいものに全て切り替えることがあれば不必要になります。そのときにまだ使えるのに処分してしまってはお金もかかりますし、勿体無く感じてしまいます。そのため使用しなくなったときには、買取依頼を検討しましょう。いまは建設機械のみを買取っている業者も多数います。買取依頼をするときには、依頼を検討している業者がこれまでどういった建設機械を買取ってきたのか、実績の確認も行いましょう。業者の中にはホームページにこれまで買取をした機械や買取価格を載せているところもあるので、そういった情報をチェックしましょう。

建設機械を買取って欲しい時には、様々な書類の準備が必要になります。もし機械にナンバーが付いている状態であれば、車検証や自賠責保険証明書、納税証明書などいくつもの書類の提出が必要となります。また印鑑や委任状などの記入の必要性も出てきます。ただナンバーがない場合だと、販売証明書や譲渡証明書だけで済むこともあります。これらの必要書類は前もって用意しておくと焦らずに済みますので、事前に問い合わせて聞いておくか、業者のサイトで確認をしておくといいでしょう。