建設機械を売却する

電動工具

土木建設機械が不要となった場合や新しいものに買い換える際、スペースを要するので残しておくことは避ける必要があります。そのため、専門の買取業者に依頼をして処分をすることでスペースを気にする心配もないといえます。

詳細を確認する...

買取依頼をする

作業員

処分するとなると、建設機械の場合は処分料が他のものよりもかかってしまいます。そのためまだ動くのであれば、買取業者に依頼して買取ってもらいましょう。そのときには見ておくべきポイントや、用意すべき書類があります。

詳細を確認する...

作業員

機器の老朽化によるリスク

重機

多くの建設現場では、土木建設機械などの重機が活躍しています。油圧ショベルやダンプカー、ブルトーザーなどといったおなじみの重機は、人の手ではとうてい行なえないような作業を短時間で終わらせてしまうので、建設現場や解体作業、地質調査など多くの場面で重宝されるものです。しかしこうした重機は価格も高く、現場での使用頻度も大きいことから、古い重機を長く使い回すことが多いものです。見た目も経年や使用頻度により汚れが目立ち、整備をする知識や時間もないことから、ボロボロの状態で使用する会社も多いものです。こうした建設現場での重機は、毎年自主検査を行なうことが義務づけられています。古い重機となると、補修する箇所も多いことから、毎年多くの費用が掛かることが問題となるでしょう。また、長年使っている重機となると、使用中に作動不良を起こす頻度も多くなるものです。仕事における効率も悪くなれば、それだけ会社への不利益となるので、古い重機の処分を検討している会社も多くあるでしょう。重機の処分を行なう場合、重機の買取を行なう会社へ依頼するとよいでしょう。古くなった重機や、作動不良が目立つ重機であっても、重機買取を専門で行なう会社は引き取ってくれます。会社のスタッフは重機の補修に関する知識も持ち合わせているので、動作不良のある重機でも買取ってもらえるのです。買取による収入が得られるので、ただ処分するよりもお得に手放すことができるでしょう。

重機の多くは非常に巨大であるため、動かなくなった重機が存在すると、保管するスペースを圧迫してしまうことでしょう。こうした場合にも重機の買取を行なう会社が利用できます。重機買取の会社に依頼する場合、自賠責保険の証明書や納税証明書、車検証に関する書類も揃えるようにしましょう。また、重機の使用状況や専門性においても買取による価格が上下するので、どのような重機が高く売れるのか、会社ごとに比較検討しておくことも重要となります。

目的に合わせて利用

建設現場

建設機械は、専門業者に依頼することで簡単に売買することが可能です。ですから、使用しなくなった建設機械があれば買取依頼をすることができ、少しでも安く購入したい場合も利用することが出来るでしょう。

詳細を確認する...